栄光学園の難関私立中学受験講座

中学受験の準備はいつから始めるべき?

栄光学園がおすすめするのは小3(新小4)の2月から始めることです。最初は学校内容の発展から始め、徐々に高度な問題に慣れていきます。 2月から4月までの間は学習姿勢の基本を身につけながら、学校内容の先取りを中心に。4月から少しずつ受験内容を含みながら取り組んでいくことが理想です。

受験方法のスタートは早いに越したことはありません。ですが、お子様に無理やり強いることは好ましくありません。途中で挫折してしまい、勉強自体が嫌になっては元も子もありません。新小5になる2月からでも、5年の夏からでも追いつく場合はかなりあります。要はお子様の気持ちを含めた準備が調った時です。

中学受験専門教材 四谷大塚NETの教材を使用

中学受験専門教材四谷大塚『予習シリーズ』のカリキュラムに沿って、受験に必要な学力を養い入試対応力を身につけます。また、四谷大塚NETによる全国共通の週例テストに参加します。全国レベルで自分の学力を比べることで自分の得意不得意を確認します。長年の中学受験のノウハウを活かし、基本問題から標準問題、そして発展問題と習熟度に応じて問題レベルが用意されています。週例テストに参加することによって、一週間習った内容の復習とチェックが可能となり学習のリズムを作ることができます。

わからないところは質問できる?

授業時間に当然かぎりがありますのですべての生徒のすべての質問に答えるということは難しい場合があります。ただ、わからないまま置いていかれるのはお子様にとっても辛いもの。復習解説の時間もある程度確保しています。 それでもわからない、グループで質問をしづらい、というお子様は現在受講している方にも一定数います。そういった皆さんは授業より早く来て先生に質問したり、自習室で残りながら質問に来ています。中学受験というと「かなり難しい内容なのでは…?」と思われがちです。確かに学校の内容とは質も量も異なりますので質問が出て当然です。私たちは「頭にハチマキでビシバシ」風ではなく普段から声かけなどフレンドリーに接するようにしています。深刻な表情で一言も口を開けないような雰囲気ではなく、みんな生き生きと楽しく通塾しているお子様が多いです。

中学受験は主に四教科。もちろんすべてに対応します

指導教科は国語・算数・理科・社会の四教科になります。ただ、どの私立中学受験の内容も国語、算数の習熟度の重要性は高いので、講座の時間数も国語・算数は多めになります。私立中学により、試験教科が国語・算数・理科の学校もあり、受験前は相談に応じます。中学受験は入試が終わるまで山あり谷ありです。学習面、生活面での相談や質問があればどんどん懇談を活用してください。


中学受験合格を目指すなら栄光学園へ

まずはお問い合わせください。


中学受験 難関私立コース